夫婦 終わってる チェック

終わってる夫婦の特徴やチェックリストを以下に挙げてみました。
ただし、これはあくまで一般的な特徴であり、全ての終わっている夫婦が必ずしもこれらの特徴を持つわけではありません。
でも、これにいくつか当てはまるなら、かなり離婚の危機にあるのかもしれません。

  • 会話などコミュニケーションが乏しくなった
  • お互い相手に興味関心が薄れている
  • 夫婦が一緒に過ごす時間が少ない
  • セックスレスになって久しい
  • 「ありがとう」という言葉を最近言われたことも言ったこともない
  • 夫婦喧嘩までではなくても口論が多い
  • 共同の目標がない
  • 互いに尊重がない
  • どちらかが家庭や子育てへの関心が薄い 
  • 経済的な問題が重なっている
  • 信頼が揺らいでいる
  • 感情の表現が乏しい
  • 相手に自己中心的な行動が目立つ 



いかがですか?
この中であなたたち夫婦でいくつ当てはまりましたか?

夫婦終わってるチェック

夫婦 終わってる チェrック width=

終わっている夫婦の特徴をチェックリストにまとめました。

夫婦終わってるチェック①会話などコミュニケーションが乏しくなった

会話がない夫婦
夫婦が会話などコミュニケーションが乏しくなる理由はいくつかあります。

  1. 仕事や子育てで忙しく、時間がない。
  2. 価値観や性格が合わなくなってきた。
  3. すれ違いや不満が溜まってきている。
  4. 一方が一方に対して冷たい態度をとっている。
  5. 浮気や不倫などのトラブルが発生している。



このような理由でコミュニケーションが乏しくなると、その夫婦は終わってる可能性があります。
なぜなら、夫婦のコミュニケーションは夫婦関係を維持するために不可欠な要素だからです。
夫婦のコミュニケーションが不足すると、お互いの考えや気持ちを理解できなくなり、すれ違いや不満が溜まります。
そして、それが離婚の原因となるのです。

夫婦間のコミュニケーションが不足している場合、お互いが自分の気持ちを相手に伝えることができず、相手を理解することが難しくなります。
その結果、お互いが不満を抱えたまま生活することになり、夫婦関係が悪化してしまう可能性があります。

夫婦終わってるチェック②お互い相手に興味関心が薄れている

夫婦

夫婦がお互い相手に興味関心が薄れている場合、終わっている夫婦の可能性があります。
なぜなら、夫婦関係は、お互いに興味関心を持ち、愛情を注ぎ合うことで成り立っているからです。
お互い相手に興味関心が薄くなると、愛情が冷めてしまい、離婚につながる可能性があります。

夫婦終わってるチェック③夫婦が一緒に過ごす時間が少ない

夫婦が一緒に過ごす時間が少ない
夫婦が一緒に過ごす時間が少ない場合、終わってる夫婦の可能性があります。
なぜなら、夫婦関係は、お互いの愛情や信頼を育むために、一緒に過ごす時間が必要だからです。
一緒に過ごす時間が少ないと、お互いの考えや気持ちを理解できなくなり、すれ違いや不満が溜まります。
そして、それが離婚の原因となるのです。

夫婦終わってるチェック④セックスレスになって久しい

セックスレス夫婦
セックスレスの夫婦は終わってる夫婦の可能性があります。
セックスレスが不仲の要因となっているケースは多々見られるものの、レス=離婚という直接の原因にはなりません。
特に日本ではセックスレス夫婦の割合はおよそ半数という調査結果もあります。
そんな夫婦間のセックスレスが深刻化している昨今、そんな背景もあってか「もう夫婦間のセックスはなくて当たり前」だと思っていたのに、友人夫婦の話を聞いてから自分たち夫婦のレス関係が“悩み”に変わったという40代女性のエピソードがあります。

もうこんな年齢だからセックスレスなんて当たり前
そう自分に言い聞かせてはいませんか?

夫婦仲や家庭円満の秘訣が夜の生活だけにあるわけではありませんが、レスが続いている妻には漠然とした不安を覚えている人もいます。
理想の夫婦生活のあり方は夫婦の数だけ異なるとわかっていても、心の底から「私たち夫婦は円満だ」と言い切ることのできない状況にあると、レスが夫婦仲に不満を抱く原因だと感じても無理はありません。


夫婦終わってるチェック⑤「ありがとう」という言葉を最近言ったことも言われたこともない

ありがとうの言葉がない夫婦
夫婦がお互いに感謝の気持ちを持っていないのは、終わってる夫婦の可能性があります。
「あいがとう」という感謝の気持ちを口にしない夫婦は、お互いを当たり前だと思い、感謝の気持ちを忘れてしまいます。
そのため、お互いの努力や貢献を認めることができなくなり、それが原因で不満やイライラが溜まってしまいます。

感謝の気持ちがない夫婦は、お互いを尊重することができなくなります。
お互いを尊重することができないと、お互いの意見を認めることも、お互いの気持ちを理解することもできません。
そのため、夫婦関係は悪化し、離婚の危機に陥ります。

感謝の気持ちがない夫婦は、お互いを愛することができなくなります。
お互いを愛することができないと、お互いの幸せを願うことも、お互いの人生を支えることもできません。
そのため、夫婦関係は崩壊し、離婚の危機に陥ります。

夫婦終わってるチェック⑥夫婦喧嘩までではなくても口論が多い

口論が多い夫婦
大きな夫婦喧嘩とまでいかなくても、口論が多い夫婦は終わっている夫婦の可能性があります。
口論が多い夫婦は、お互いに尊重し合えなくなり、信頼関係が崩壊してしまいます。
そのため、夫婦関係は悪化し、離婚に至ることがあります。

夫婦終わってるチェック⑦共同の目標がない

目標を見失った夫婦

夫婦の共同の目標には、以下のようなものがあります。

  • 一緒に家を買う
  • 子供を育てる
  • 旅行に行く
  • 趣味を楽しむ
  • ボランティア活動をする
  • お金を貯める
  • 健康的な生活をする
  • 幸せな結婚生活を送る



これらの目標は、夫婦によって異なります。
しかし、共同の目標を持つことで、夫婦は同じ方向を向いて歩むことができます。
そのため、夫婦関係が強固になり、離婚の危機を乗り越えることができます。

逆に、共同の目標がない夫婦は終わってる夫婦の可能性があり、離婚の危機に陥る可能性も高くなります。

夫婦終わってるチェック⑧互いに尊重がない

互いに尊重がない夫婦
夫婦がお互いを尊重していないのは、終わってる夫婦の可能性があります。
お互いを尊重していない夫婦は、お互いの意見や気持ちを認めることができず、信頼関係が崩壊してしまいます。
そのため、夫婦関係は悪化し、離婚に至ることがあります。

夫婦終わってるチェック⑨どちらかが家庭や子育てへの関心が薄い

どちらかが家庭や子育てへの関心が薄い夫婦
夫婦のどちらかが家庭や子育てへの関心が薄い場合、終わってる夫婦の可能性があります。
家庭や子育てへの関心が薄い夫婦は、お互いに協力することができず、夫婦関係が悪化します。

家庭や子育てへの関心が薄い夫婦は、以下のような問題を抱えていることがあります。

  • 家事や育児の分担が不均衡である
  • 子供の成長や教育に無関心である
  • 夫婦のコミュニケーションが不足している
  • 夫婦の愛情が薄れている



これらの問題が解決されなければ、夫婦関係は悪化し、離婚に至ることがあります。

夫婦終わってるチェック⑩経済的な問題が重なっている

経済的な問題が重なっている夫婦
経済的な問題が重なっている夫婦は、終わってる夫婦の可能性があります。
経済的な問題は、夫婦関係の悪化につながる大きな要因です。

経済的な問題が重なっている夫婦は、以下のような問題を抱えていることがあります。

  • お金がない
  • 借金がある
  • 収入が少ない
  • 支出が多い
  • お金の使い方について意見が合わない



これらの問題が解決されなければ、夫婦関係は悪化し、離婚に至ることがあります。

夫婦終わってるチェック⑪信頼が揺らいでいる

信頼が揺らいでいる夫婦
信頼が揺らいでいる夫婦は、終わってる夫婦の可能性があります。
信頼は、夫婦関係の土台です。
信頼が揺らいでいると、夫婦は互いに不安や猜疑心を抱くようになり、夫婦関係は悪化します。

信頼が揺らいでいる夫婦は、以下のような問題を抱えていることがあります。

  • 浮気や不倫
  • お金の使い方
  • 子育て
  • 家事
  • 性格の不一致



これらの問題が解決されなければ、夫婦関係は悪化し、離婚に至ることがあります。

夫婦終わってるチェック⑫感情の表現が乏しい


感情の表現が乏しい夫婦は、終わってる夫婦の可能性があります。
感情の表現が乏しい夫婦の関係が離婚の危機をどのように引き起こすかについて詳しく説明します。

  1. 感情的な隔たりの拡大
    感情の表現が乏しい関係では、お互いの内面や感情を理解しにくくなります。感情を共有せず、自分の気持ちを伝えないことで、感情的なつながりが希薄になり、相手との関係が遠ざかっていく可能性があります。
  2. 不満の蓄積
    感情の表現が乏しいと、不満や不安が蓄積されやすくなります。自分の感情や願望を言葉で伝えずに抑え込むことで、小さな問題が大きな不満へと成長し、関係が悪化する可能性があります。
  3. 共感と理解の不足
    感情の表現が乏しい状態では、相手の感情や立場を理解しにくくなります。感情を共有しないため、お互いに共感や理解を示す機会が減少し、感情的なつながりが希薄になる可能性があります。
  4. コミュニケーションの減少
    感情の表現が乏しいと、コミュニケーションが減少し、会話が減少することがあります。感情や考えを伝えないため、お互いの近況や思いを共有する機会が減り、夫婦間のコミュニケーションが希薄になります。
  5. 感情的な支えの不足
    感情の表現が乏しい関係では、相手からの感情的な支えや励ましを受けにくくなります。困難な時期においても感情的なつながりが弱いため、夫婦間での支え合いが難しくなる可能性があります。
  6. 感情の冷え込み
    感情の表現が不足すると、夫婦間の愛情が冷え込むことがあります。感情や愛情を表現しないことで、相手に愛されていないと感じる可能性があり、この状況が離婚の危機を招く要因となることがあります。
  7. コンフリクトの増加
    感情の表現が乏しい関係では、感情的な不満や不安が積み重なることで、コンフリクトが増加する可能性があります。感情的なストレスが解消されないまま蓄積されることで、対立が激化し、関係が破綻する可能性があります。



感情の表現が乏しい関係は、信頼関係の弱体化や感情的な不調和を招き、最終的には離婚の危機につながることがあります。
感情の共有や理解を促進し、相手に対する感謝や愛情を適切に表現することが、関係を改善し離婚の危機を回避する一歩となるでしょう。

夫婦終わってるチェック⑬相手の自己中心的な行動が目立つ

相手の自己中心的な行動が目立つ夫婦
相手の自己中心的な行動が目立つ夫婦は、終わってる夫婦の可能性があります。
自己中心的な行動は、夫婦関係を悪化させる大きな要因です。

自己中心的な行動をとる夫婦は、以下のような問題を抱えていることがあります。

  • 自分の意見を押し通そうとする
  • 相手の意見を無視する

  • 相手の気持ちを尊重しない
  • 感謝の気持ちがない
  • 謝罪をしない



これらの問題が解決されなければ、夫婦関係は悪化し、離婚に至ることがあります。

夫の気持ちが離れたサインも夫婦が終わっているチェックポイント

夫の気持ちが離れたサイン
夫婦が終わっているチェックポイントは、夫の気持が離れたサインとも共通点がたくさんあります。
例えば、夫の気持ちが離れたサインはこんなものがあります。

夫の気持ちが離れたサイン①態度・行動

  • 冷たい態度・無視
    以前は優しく接してくれていたのに、最近では冷たい態度を取られたり、無視されたりすることが増えた。
  • 会話の減少
    以前はよく話していたのに、最近では会話が減り、無口になった。
  • 一緒に過ごす時間の減少
    以前は一緒に過ごす時間が多かったのに、最近では一緒に過ごす時間が減り、一人で過ごすことが増えた。
  • スキンシップの減少
    以前はスキンシップが多かったのに、最近ではスキンシップが減り、全くなくなった。
  • 家事や育児への無関心
    以前は家事や育児に積極的に取り組んでいたのに、最近では家事や育児に無関心になった。
  • 帰宅時間の遅れ
    以前は定時に帰宅していたのに、最近では帰宅時間が遅くなることが増えた。
  • 休日出勤の増加
    以前は休日出勤はほとんどなかったのに、最近では休日出勤が増えた。
  • スマホやパソコンのいじり
    あなたの前でスマホやパソコンを頻繁にいじるようになった。
  • 身だしなみに気を遣わなくなった
    以前は身だしなみに気を遣っていたのに、最近では身だしなみに気を遣わなくなった。

夫の気持ちが離れたサイン②言葉

  • 愚痴や文句が多い
    あなたに対して愚痴や文句を言うことが増えた。
  • 否定的な言葉が多い
    あなたに対して否定的な言葉を言うことが増えた。
  • 暴言を吐く
    以前は暴言を吐くことはなかったのに、最近では暴言を吐くようになった。
  • 離婚という言葉

    離婚という言葉が出るようになった。

夫の気持ちが離れたサイン③その他

  • 金銭的な問題
    ギャンブルや浪費など、金銭的な問題を抱えている。
  • 浮気
    浮気をしている。
  • 仕事や趣味に没頭
    仕事や趣味に没頭し、家庭を顧みなくなった。



これらのサインは、必ずしも夫の気持ちが離れたことを意味するものではないこともあります。
しかし、複数のサインが重なって当てはまる場合は夫の気持ちgは離れているかのぅ性が高いかもしれません。

終わってる夫婦は離婚した方がいい?

離婚した方がいい夫婦
終わってる夫婦の場合、離婚した方がよい理由はたくさんあります。
以下に、いくつかの理由を挙げてみます。

  1. 夫婦がお互いに愛情や尊敬の気持ちを失っている場合
  2. 夫婦がお互いに信頼関係を築けていない場合
  3. 夫婦がお互いにコミュニケーションが取れていない場合
  4. 夫婦がお互いに価値観が合わない場合
  5. 夫婦がお互いに性格が合わない場合
  6. 夫婦の間に暴力や虐待がある場合
  7. 夫婦の間に借金や債務がある場合
  8. 夫婦の間に子供がいる場合でも、子供にとって良い環境ではないと判断した場合



夫婦関係が終わっている場合でも、決して離婚を決断するのは難しいことだと思います。

しかし、お互いの幸せのために、離婚を検討することも必要です。

一緒にいるとダメになる夫婦

一緒にいるとダメになる夫婦
一緒にいるとダメになる夫婦の特徴はいくつかあります。

夫婦の価値観が大きく異なる

夫婦の価値観とは、人生において何を大切にするか、何を幸せと感じるかといった考え方です。
夫婦の価値観が大きく異なる夫婦は、日常生活のあらゆる場面でぶつかり合うことになります。
たとえば、お金の使い方、子育て方、休日の過ごし方など、あらゆることで意見が対立するでしょう。

性格が合わない

性格が合わない夫婦も、一緒にいるとダメになる可能性があります。
たとえば、どちらかが几帳面で、どちらかが大雑把な性格の場合、家事や掃除などで常に衝突することになるでしょう。
また、どちらかが積極的で、どちらかが消極的な性格の場合、お互いに刺激を与え合うことができません。

夫婦のコミュニケーションが不足している

夫婦のコミュニケーションが不足している夫婦も、一緒にいるとダメになる可能性があります。
夫婦は、お互いの気持ちを理解し、共有することが大切です。しかし、コミュニケーションが不足していると、お互いの気持ちを理解し合うことが難しくなります。
そのため、誤解や不満が積み重なり、夫婦関係が悪化することになります。

信頼関係が失われている

信頼関係が失われている夫婦も、一緒にいるとダメになる可能性があります。
夫婦は、お互いに信頼し合うことが大切です。しかし、信頼関係が失われていると、お互いに疑心暗鬼になり、不安に駆られるようになります。そのため、夫婦関係が悪化し、離婚に至ることもあります。

一緒にいるとダメになる夫婦の特徴は、上記に挙げた以外にもたくさんあります。もし、あなたが一緒にいるとダメになる夫婦に当てはまっている場合は、早めに問題を解決するようにしてください。