シングルマザー離婚後の仕事はすぐに働ける介護職がおすすめの理由

離婚を考えている方への質問ですが
離婚後の生活をどうするか?よ~く考えていますか?
なんです。
確かに「夫が働かない」「夫の浮気が発覚」などでカーッと頭に血が昇って
もう離婚するわ!
と決断することもあります。
でも、その離婚した後の生活をどうやっていきますか?
実は
子供の養育費は思ったよりかなり安いものだし、必ずずっと支払い続けてくれる保証もない
子供の親権などで経済的基盤がない元妻は調停で不利になってしまうこともある
離婚後の住まいでも困ってしまう。(賃貸マンションも借りれない)
ということがあるのです。

離婚後のシングルマザーに向いてる仕事は無資格・未経験でも大丈夫な介護職がおすすめな理由

離婚後のシングルマザーに介護職がなぜおすすめなのか?
少しご一緒に考えてみませんか?

「未経験」「無資格」のシングルマザーでも介護職ならOK

離婚後すぐに子供の養育費や生活費をすぐに稼がなければいけないシングルマザーにとってゆっくりと仕事探しをしていいる余裕などありません。
また長らく専業主婦であったのなら失礼ながらどんな仕事でも「無資格」「未経験」にならざるおえません。
これではなかなかいくら「働きたい!」と考えていても仕事は見つからないでしょう。

しかし、介護職なら
無資格OK
未経験OK
なのでさほど苦労せずに仕事先を探すことができます。

シングルマザーなら介護の仕事でも派遣やパートで働きやすい!

「介護の仕事って給料が安くてきついんでしょ?」
確かにそれも紛れもない現実です。
ですからがっつり「介護の仕事で一生働いていこう!」というのも正直きついかもしれません。
でも、離婚直後はいわば緊急事態です。
あまり贅沢は言ってはいられません。

介護の仕事はとにかく
・ハード
・休みが少ない
・勤務時間が長い
・夜勤がある
そんなイメージをお持ちかもしれません。
それも当たっています。
でも、それって24時間営業の老人ホームなどの介護施設の場合です。
介護の仕事にも他にもいろんな種類があるのです。
・日中にしか営業していないデイサービス
・訪問介護
であれば夜勤はありません。
また24時間営業の介護施設などでも
・日勤のみで夜勤は無し
・短時間
など無理をきいてくれる介護施設も多いです。

それなら家事や育児との両立も可能ですよね。

このあたりは介護の現場の会社の雰囲気や状況もしっかりと確かめることもすごく大事ですし、後でご紹介する介護職専門紹介サービスを利用すれば予めこちらの条件を伝えておけば大丈夫です。

シングルマザーでも働きながら介護の資格取得が目指せる

介護にはさまざま専門資格がありますし、これには介護現場での実務経験が必須な資格も多いです。
介護職員初任者研修
介護福祉士実務者研修
介護福祉士
ケアマネージャー
など資格を取れば一生食いっぱぐれがないともいえます。
多くの介護の会社では社員の資格取得支援制度を設けているところも少なくありません。
確かに
・仕事もしながら
。家事や育児をしながら
の受験勉強はとても大変かもしれませんが将来のためにはとても役に立ちます。

まずは比較的取得が簡単な「介護職員初任者研修」を目指す

「私に介護の資格なんてとても無理・・・?」
そう思う方も多いはずだと思います。
でも諦めないでください。
介護の一定時間の講義や講習を受け、筆記試験に合格すれば取得できる資格があります。
それが「介護職員初任者研修」という資格です。
これも介護の転職などでは強い武器になる資格なのです。
経験や資格、年齢に関わらずキャリアアップを目指せるのは、介護職の大きな魅力のひとつだと思います。

「介護職員初任者研修」とは身体介護に必須の資格

介護の仕事には
・生活援助
・身体介護
の2種類があります。
生活援助とは主に利用者の掃除や洗濯などがあります。
身体介護とは要介護者の体に触れる介助、つまり食事・入浴・排泄など日常生活の支援です。
この身体介護では「介護職員初任者研修」が必要になります。

この「介護職員初任者研修」は3か月程度で取得が可能な資格です。
もちろん給与待遇などでも差が出ます。

介護の現場はいつも人で不足

正直、介護の現場は常に人手不足ですし、人材の流動性も高いのです。
それは各介護施設や介護事業所によって差は大きいものです。
人間関係や労働環境に納得できない?
そんな時の転職にもこの「介護職初任者研修」は有利な武器になると思います。

介護職はシングルマザーでも将来性があり経済的に自立できる

今の日本は高齢化社会が進んでおり、介護のお仕事が減ることとはなく将来性があります。
離婚後に介護の世界に「未経験」「無資格」で飛び込んだとしても次のキャリアアップを目指せる仕事です。
・実務経験を積む
・資格を取得
したりしておけばどこへいっても貴重な人材として重宝され続けます。
これは都会だけでなく地方でも介護の仕事はあります。
離婚を機に実家の田舎に帰る!という選択をする場合でも有利になると思います。

シングルマザーの離婚後の仕事で介護を選ぶ時に役立つサイトをご紹介

シングルマザーの離婚後の仕事で介護を選ぶ時に役立つサイト
いきなりハローワークなどから直接介護の仕事先を探すよりも、介護職専門の仕事先紹介サイトを利用することをおすすめします。
なぜなら、介護職専門の仕事先紹介サイトでは経験豊富で親切なカウンセラーが在籍しています。
まずこちらの事情(勤務形態・勤務時間など)をしっかりと先に説明し、それらの条件を承諾してくれる介護の仕事が探せます。

介護JJ

介護JJでは医療介護業界で10年以上人材紹介を行ってきた実績がありま。
求職者様のためにならない転職はお勧めしていません。
中小企業ならではの求職者様に寄り添った丁寧な転職サポートを行っています。

なんと最大20万円の介護職応援プロジェクトと丁寧な転職サポート

ケアジョブ


シングルマザーの仕事は離婚前からの準備がベスト

シングルマザーの仕事は離婚前からの準備がベスト

離婚を決意?または離婚するかも?
そんな考えが頭をよぎったらできるだけ早くから離婚後の仕事は考えておいた方がベストです。
なぜなら、離婚の時に仕事を持っているか否かがとても大切だからです。

離婚で子供の親権でもめたら調停で経済的基盤が大きく影響する

離婚でよくもめるのは「子供の親権」です。
今まではシングルマザーが主流でしたが時代の流れでは「シングルファーザー」も激増しているのです。

子供の親権は母親がなるもの?
今まではそうだったのですが必ずしもそうとも限らないのです。
子供の親権や面会交流などで父親が調停や裁判を起こしてでも争うケースが増えてきました。
その時に重要な判断材料に経済的基盤です。
収入の無い母親と収入がある父親 どちらが子供にとってふさわしいのか?
これは調停員や裁判官が第三者的客観的判断を下すのです。

離婚後の住まいにたちまち困る

離婚後の住まいをどうしますか?
夫が出ていきそのまま夫名義のマンションや一戸建てに残る場合も多いですが、一般的には今の家を出ることも多いはずです。
そんな時に困るのが無職の状態での住まい探しです。
今はどこの賃貸物件でも家賃保証会社の審査が通らないと家は借りれません。
この審査で無職であればなかなか通りませんし、おそらく通ってもご希望のお家ではないと思います。

浮気調査の費用の準備

夫の浮気を調査する時の探偵の調査料金は決して安いものではありません。

最低でも数十万円、なかなか尻尾を出さない用心深い夫なら百万円以上かかる場合も珍しくありません。
そんな浮気調査の探偵費用の捻出に日頃から苦しい生活費からのへそくりだけでは賄いきれないのです。

離婚は一方的にはできません。
双方の合意が必要です。
離婚を拒む夫であれば決定的な証拠でもないと家庭裁判所もなかなか離婚は認めてくれないことも知っておいてくださいね。
夫婦関係が破綻していると認めてもらうには長~い別居期間が必要ですし、そんなことでは第二の人生の再出発もすぐにできません。
そのためにもあなたが仕事をして収入を得ておくことはとても大事です。

まとめ

もし離婚後の仕事で介護の仕事に興味があればぜひ以下のホームページをチェックしておいてください。

>>介護職応援プロジェクト20万円がもらえる介護・福祉の転職サイト『介護JJ』

>>ケアジョブ

あなたの離婚後の生活がスムーズな再スタートになることを心からおピノ利しています!
大変なこともたくさん待ち構えていますが、ぜひ頑張ってください