アメブロ 離婚

離婚を考えている方なら一番参考になるのが実際に離婚される方や離婚した方のリアルな声や体験ですよね。
下手な弁護士よりもよっぽど参考になるものです。
そこで今回は
普通の方が書いているアメブロの離婚ブログを紹介します。

クズ夫の不倫|アメブロあーたんの離婚ブログ

参照元:https://ameblo.jp/piyo2shokotan/

不倫をしたいわゆるシタ夫との経過報告を綴っておられます。
アメブロ 離婚 あーたんとして離婚ブログの中ではかなりの人気です。
コメント欄もかなりたくさんの方がコメントされています。

という記事では何と66件ものコメントが寄せられています。

モラハラDV夫からの洗脳が解けた日


参照元:https://ameblo.jp/ikumichan0706/
モラハラ
DV
そんな夫が世間と異なることに結婚から18年目にしてやっと気づいたという主婦のアメブロブログです。
どこまでがモラハラ?
どこからがDV?
そんな線引きも非常にあいまいなものですが、他の夫婦や家庭との違いを客観的にみる視点が必要かもしれません。

モラ夫(当時は彼氏)のベッド代の
半分を出すつもりが、
全額代わりに支払うことになった私…。

モラ夫提案の分割払いを受け入れた。
額は4万円。

1ヶ月1万円だとしても、

4ヶ月で返してもらえる。

何も問題ないと思っていた。

人から借りたものは返す。
この常識しか、あの頃の私は知らなかった…。

最初の返済日は、
モラ夫もきちんと返してくれた。

2回目の返済日は、
ちょっと待ってほしいと言われた。

1ヶ月待って再度2回目の返済日には、
こんなことを言われた。

「悪りぃ。
母親がさ、病院代でちょっと困ってて……。
仕送りしてさ、厳しいんだよ……。」

モラ夫の両親は離婚していた。
とても苦労した話を聞かされていた。

「そっか、大変だね……。
いいよ、大丈夫。私は後でで。」

こうして2回目の返済日は、またもや延びた。

それでも私は、
モラ夫はお母さん思いだな、優しいな、
なんて能天気に考えていた。

再再度2回目の返済日は、
こんなことを言われた。

「悪りぃ。
妹がさ……、ちょっと困ってて。
お金貸してさ、厳しいんだよ……。」

両親が離婚し、
妹さんがとんでもなく苦労された話を
聞かされていた。

「そっか、大変だね……。
いいよ、大丈夫。私は後でで。」

気が付けば、
私はこのルーティーンから
抜け出せなくなっていた……。

いつも、
モラ夫の母が、妹が、誰かが困っていて、
モラ夫が助けるのだ。

いつも人助けをしているモラ夫に、

「ねぇ、いい加減お金返して。」
とは、言えなくなっていた。

私は別にお金に困ってはいないし、大丈夫。
そう思っていた。
だって、人から借りたものは返す。
それが人として当たり前のことだから、
疑わなかった……。

モラハラって言葉や態度だけでなくお金もかなり影響してきますね。

やっと離婚できた話~色々あった13年~


参照元:https://ameblo.jp/goldfish37-10/

離婚は双方の合意があって初めて成立します。
どちらかが離婚に応じないと離婚は泥沼化します。
増して子供のいる場合の離婚はとても大変です。

子どもを連れて家を出ることにした私
子どもがついて来てくれることに安堵し

すぐに準備に取り掛かった

私のもの
子どものもの
少しずつ実家へ運ぶ

平日の昼間に母が取りに来てくれたりし
身の回りのものを少しずつ運んだ

冬休みになり予定通り予定通り実家へ

もうこの家には帰らない

そんな覚悟を決めて玄関を閉める

毎年クリスマスや年末年始は
実家へ帰っていたので元夫は何も気づいていない
荷物が減っていることにも気づかない
それもどうかと思う

今すぐ引越し転校は難しい
転職が決まれば配属先によって
居住地も変わってくる
3学期は毎日子どもの送り迎えをする
1時間半かけて
私の職場も同じ方向だから苦ではない

朝早く起きるだけ
頑張らなきゃ

離婚準備も進めて
とりあえず自分の預金と
こっそり貯めたお金は持って来た
そんなに多くはない
このお金が底を尽きる前には
ちゃんと生活できるようにしなきゃいけない

他の就職先も探しておかないと
福利厚生は譲れないけど…ひとまずは子どもと2人の生活を安定させる

養育費ももらえるはず

子どもの将来のために貯めておくお金にして

そんなことを毎日考えていたときに
一本の電話がかかって来た

サレ妻の復讐劇(情報を制する者は戦いを制す)!可憐にかつしたたかに!!

参照元:

サレ妻の復讐劇・・・
タイトルからして少々怖いですね。
そして内容も・・・

こんばんは。 サレ妻子です。

モラハラ旦那に出て行ってくれと伝えて出て行った。
※といっても1週間ほどで帰宅あせるあせる

旦那はまたもや5つ星ホテルに家出びっくり
お好きなんですね。高級ホテルが・・・。

私は旦那にグラスを投げつけた事や
メモを見た事など、旦那に出て行ってくれと
言った事などを、Wさん(お世話になっていた方)
へ伝えた。

そして私はWさんへ呼ばれる事になった。

メモに書かれていた意味深なワードや
慰謝料についてあれだけ、万が一相談を
受けてもお金を貸したりする事だけはないように
お願いをしていたのだが、その事について
Wさんより私に説明があった。

連日モラハラ旦那はWさんへ私の事や
訴訟にまで至っている事を相談していたようだ。
そして私からも話しを聞いていたWさんは
モラハラ旦那へ
私の事をいつまで苦しめるつもりだ。
お前が招いた事なんだから慰謝料はお前が
全部払ってこの件から、早く妻子ちゃん(私)を開放してやれ!
そしてその慰謝料のお金300万については
貸すのではない。
この金はお前にやる と言ったと・・・。

裁判やっている間、妻子ちゃん(私)はずっと
苦しい思いを抱えていくんだ。
お前いい加減にしろ。 早く片付けろ!と
妻子ちゃんからお金は貸すなと言われた
いたし、モラハラ旦那からも相談を受けていたけど
お金をやるのなら妻子ちゃんが言っていた事とは
ちょっと違うなと思ってね、だから旦那へ
お金やるから早く片付けろ!と言ったと説明を受けた。

Wさんらしいなぁと私は思った。

気持ちは有難いが、彼の為には何もならないし
私はWさんのお金を受け取るわけにはいかないのだと
Wさんへお伝えした。

裁判で戦う覚悟もできているし、このお金の出所が
Wさんから出ていたというのが後に発覚したのなら
私は間違いなく、Wさんへ耳を揃えてお金を返していたはずだ。
未然に分かっただけでも本当に良かった。

そして旦那側にはWさんのような人がいたが
阿婆擦れ女側にはこういう対応をしてくれる人は
おそらく1人もいないのだ。
寧ろ、阿婆擦れ女を仲介していたBBAが
店の客とトラブル起こしたなら、私が立て替えて
貸してあげるから、早くトラブル解決しなさい!
ぐらいの事を阿婆擦れ女に言えないのか・・・・とも思った。

まあ言えないよね。
あいつら一番大好きなものが
人の金お金お金お金お金お金 
ですもの・・・・・。

同時にWさんから言われた事は
モラハラ旦那は仕事では一生懸命頑張って来たし
今、大事な局面を迎えているから、裁判とかやったら
双方にとってデメリットしかないのだと。

そして、旦那から阿婆擦れ女の話を聞けば聞くほど
そこに心はないし、阿婆擦れ女は私に対してなんて
これっぽっちも悪いとなんて思うような輩じゃない。

人間の資質が普通の人とは違うから、
関わってはいけない人なんだとも言った。

ビジネス界でも著名な方から言われると
きっと阿婆擦れ女がそのようなタイプの人間である事は
火をみるより明らかであったが、
私は悪い事をしたのに、何の痛手も追わずに
いる事の方が許せないのだとも説明した。

その気持ちも分かるが、とにかくそんな人と
関わってほしくないと何度も説得をされた。

そしてWさんの意向については、私の父も同じ考え
阿婆擦れ女は生粋の阿婆擦れだから
バックに反社みたいな人がいるかもしれないから
とにかく関わるなと父からも言われたのだ。
お金で男と寝るような人だよ?と
売春婦じゃないか!と。

とはいえ私はなかなか納得ができず、
一旦、どうするのか預からせてくれとWさんに伝えた。

父やWさんの意見も一理あると思うが
自分がどうしたいのかなのだ。

阿婆擦れ女への嫉妬からくる裁判?

いや違う。

阿婆擦れ女には全く嫉妬などしない。

悔しいから裁判するの?

いや、いや、これも違うのだ。

じゃあなぜ 裁判するの??

やっぱりね、間違った事をして素直に謝罪の言葉も
言わない、言えないような人達に対しては
法で裁くしかないのだと思うからなのだと思う。

時間がもったいないという意見もあるが
私は、そこだけは何を言われようと譲れないのだ。。。

そしてコロナウイルスがジワジワと日本を
震撼させ始めた頃だ。

不謹慎だがコロナウイルスでさえ私にとっては
追い風となってくれるのだった。

アメブロの離婚ブログを見れば客観的に自分のことが見れるかも?

他人のことなら冷静に見れるのに、子と自分のことになるとそれは簡単ではありません。
それは離婚に際して特にそうかもしれません。

他人の離婚を冷静に客観的な大s難sン派的な立場で見ると、今のご自分の状況がよくわかるかもしれません。